バストの大きな女性は本当に肩こりになりやすいのか

バストの大きな女性に対して、男女を問わずに持たれているイメージと言えば肩がこりそうと言う物になります。

ただ正確に言えばバストの大きな女性は肩こりになりやすいとなああっていて、バストの大きな女性でも肩こりとは無縁の方はいらっしゃいます。これは主に2種類のポイントが理由になっていて、ブラジャーのホールド性と普段の姿勢がカギになります。

まずブラジャーのホールド性についてですが、この場合はデザインを重視した結果ホールド性が低くなっているケースが多くなります。

基本的にブラジャーはサイズが大きくなればなるほど種類は限られてしまいますので、バストの大きな女性の中には可愛いという理由でバストサイズに合っていないブラジャーをつけている方がいらっしゃいます。

 

しかしサイズの合っていないブラジャーだとバストを支えきれませんし、ワイヤーや肩ひもの食い込みが肩以外の場所に負担をかける可能性が出てきてしまいます。

次に、バストの大きな女性は見られるのが嫌なので猫背になってしまう方が多いとされています。この猫背と言うのも肩こりの原因になるとされていて、前傾姿勢だと胸の重みが直接的に肩にかかってしまいます。

なので肩がこりやすくなりますし、姿勢が悪いと血行も悪くなりますので肩こりは加速度的に悪化していとされています。また猫背になってしまうと体のバランスが悪くなり、それをかばうために不自然な体勢を取ってしまう事が癖になる事があります。

 

そしてその結果としてバランスの悪さが肩こりとして表面化するケースも多く見られるとされています。

バストを残して痩せる方法はあるのか!

ダイエットをして痩せると、バストまで小さくなってしまうと悩む人は少なくはありません。

しかし、それは間違ったダイエット方法なのです。

正しくダイエットを行えば、バストを残して痩せることはできると言われています。

バストを残して痩せるには、運動と食事をしっかりと行い、バストのマッサージを継続して行う事が特に大事だと言われています。

食べなければ確かに体重は減少します。

しかし、それは筋肉が減ったからなのです。

胸を残して痩せるには、健康的に痩せなければいけません。

そのためには、3食キチンとバランスよく食事を摂り、常にしっかりと栄養を摂取しネければいけないのです。

そして、筋肉を作るために運動を行います。

食事をすることで摂取した栄養素は、運動をすることによって効果を発揮し、筋肉を作り上げてくれるのです。

さらにバストアップに効果のある成分は、イソフラボンです。

大豆製品に豊富に含まれていると言われているので、毎日の食事に大豆製品を積極的に取り入れてみるのもお勧めです。

胸の揺れる運動は、クーパー靭帯を傷めてしまう原因にもなりかねず、クーパー靭帯を傷めることによってバストの形が崩れてしまいます。

激しい運動をせずに運動を行うには、ウォーキングやヨガがおすすめです。

脂肪を燃焼し、筋肉をつける効果もあるので、ダイエットにも効果的です。

バストマッサージの方法は至って簡単です。

バストを中心に向かってさするようにし、血行を促進させることによって、バスト周辺のリンパの流れをスムースにします。

そのほかにも、バストマッサージ動画を検索すればいろいろ出てくるので、自分に合ったものを行うといいですね。