バストを残して痩せる方法とはどの様な物になるのか

 

痩せたいけれどバストは小さくしたくないと考える女性は非常に多いとされています。

基本的にダイエットなどで脂肪を落とす事は効果が全身に及びますので、バストを残して痩せる事は不可能だとされています。

しかしこれは?せる事に主眼を置いた考え方になっていて、痩せる事と同時にバストアップを行う事でこの問題は解決できるようになります。

まず一般的に行われているようなダイエットを行った場合、成功すれば全身の脂肪が燃焼されて痩せます。そしてバストはほとんどが脂肪で構成されていますので、当然胸についた脂肪も燃焼されてしまいます。

なので、燃焼されてしまった脂肪を胸につけ直す事が重要になりそのためのカギになるのが乳腺だとされています。

基本的にバストの大きさは胸の乳房の中の脂肪量で決まるのですが、その脂肪量は乳腺の数で変わってきます。

と言うのも乳房の中の脂肪は乳腺の周りに付くと言う特徴があり、乳腺の数が多ければ多いほど脂肪量も増えていきます。

そして乳腺の数を増加させるのに有効なのが女性ホルモンで、女性ホルモンの分泌が盛んになれば乳腺の数も増えていきます。

したがって運動などで燃焼されてしまった脂肪を上回る量の脂肪をつける為には女性ホルモンを摂取する必要があるとされていて、一般的に行われているウォーキングやスイミングなどの運動をしながら積極的にエストロゲンを摂取する事がバストを残しながら痩せる方法になると言えます。

また、脂肪の燃焼量を抑えながら?せる方法として筋肉量の少ない箇所を集中して鍛えるというものがあります。

この場合は腕立て伏せなどが良いとされていて、?せるまでの期間は長くなってしまいますが、脂肪の燃焼量を抑えることができますのでバストも小さくなりにくいとされています。

バストのコンプレックスにさようなら!バストアップ方法

バストが大きい人はより女性らしくみられるのではないでしょうか。

全然ないよりかはある程度あった方がいいとバストが小さなことにコンプレックスを抱いている人も少なくはないと思います。

でも、バストアップの方法はいくつかあるんですよ。

自分のライフスタイルに合わせてバストアップを目指していくことが大切です。

バストアップには毎日のマッサージが大事です。

胸を揺らすおっぱい体操も効果的。

動画を検索すると、いろいろなバストアップ方法を見つけることが出来るので、探してみてもいいですね。

運動もバストアップには効果的だと言われていますが、激しい運動をして激しくバストを揺らしてしまうと、形が崩れて垂れやすくなってしまうので、注意しなければいけません。

ウォーキングやヨガなど、激しくない運動がお勧めです。

バストアップには、正しいサイズのブラを付けることも重要です。

間違ったサイズのブラを付けていると、バストアップの妨げになったり、体に負担をかけてしまうのです。

ブラを購入しに行った時には、しっかりとサイズを測ってもらうようにしましょう。

私生活で心掛けたいことは、睡眠不足とストレスです。

睡眠不足やストレスが多いと、バストを大きくするのに必要なエストロゲン分泌を妨げてしまいます。

バストアップを望んでいるなら、ストレスをためないように工夫して、しっかりと睡眠をとるようにします。

良質な睡眠をとることによって、バストにっかりと栄養をいきわたらせます。

バストが育ちやすい環境を作るにはすごく大事ですね。

私生活の中で意識するだけで、バストアップする方法がたくさんあることが分かりました。

できるところから取り組んでみるといいですね。